[DVD]石渡浩セミナー収録DVD「マイナンバー時代の複数資産管理法人経営の仕方」〜銀行法人部門の事業性融資を中心として〜

********************************************************************************************
タイトル:マイナンバー時代の複数資産管理法人経営の仕方
講演者:石渡浩 収録日:2015年11月3日 収録時間:74分
内容物:セミナー収録DVD 1枚 及び 当日配布資料( 全22枚)CD 1枚 
********************************************************************************************

★収益不動産投資の成功者である石渡浩が「1銀行1法人」スキームに警鐘を鳴らした話題のセミナー!

★既存の各銀行法人をどうすべきか、そして今後の事業拡大のための「多法人多銀行」形式への変え方を示唆!

2010年代前半に流行った「1銀行1法人」の「隠し法人スキーム」は2010年代後半になると銀行に見破られるようになり、通用しなくなりました。その見破る方法の一つが法人マイナンバーですが、そもそも商業登記簿は公開されていますので、信用調査会社や名簿会社から登記データを購入すれば、役員名での横断検索は」可能です。つまり、銀行が調べれば、「隠し法人スキーム」は発覚するのです。 このような小手先のテクニックはもはや通用しません。一つの法人で複数の銀行から融資を受けて多数の不動産を買えるようにしなければ、今後は事業拡大出来ません。では、既存の各銀行対応法人はどうすれば良いでしょうか。それに示唆を与えることが本セミナーの目的です。

セミナー目次:
1.アパートローンと事業資金融資での審査方法の違い
2.自分が受けている融資が事業資金扱いかどうかの判断の仕方
3.「1法人1銀行」新設法人融資手法で事業拡大し易い理由ー金融検査マニュアルを題材にしてー
4.法人マイナンバー施行後の「1法人1銀行」−新設法人融資手法のゆくえ
5.既存の「1法人1銀行」から「多法人多銀行」形式への変え方
販売価格
11,000円(税1,000円)
購入数