2019年8月31日開催セミナー「信用格付と融資審査と決算書」一般席チケット 先着百名様割引

2019年8月31日開催セミナー「信用格付と融資審査と決算書」一般席チケット

10時 開場
10時30分 開会

会場 山手線・京浜東北線田町駅三田口下車「ビジョンセンター田町」

主催 石渡ファイナンシャルプランニング事務所合同会社(代表社員 石渡浩)


第一編「中小企業経営者・投資家のための信用格付の知識」(講師:小林武氏) 

・テーマ

 信用格付─実際のデータを用いたExcel演習を通じて、財務分析の基礎から金融機関による中小企業に対する格付け付与の考え方とプロセスを体系的に習得─ 

・趣旨

 信用格付けは、債券投資判断、資金調達、金融機関や事業会社の信用リスク管理などさまざまな局面に利用されています。格付けは、信用リスクを記号で表記したものですので、理解は容易ですが、金融機関が付与する格付けの考え方や付与のプロセス盲目的に信じるだけでは、正しい融資判断を行うことはできません。また、格付けの正しい理解がなければ、金融機関がどのようにリスク管理をしているかを理解することも困難です。

 本セミナーでは、格付け会社、銀行、コンサルティング会社などで20年以上にわたる信用リスクの分析に携わってきた講師が、財務諸表分析の初歩から、金融機関による中小企業に対する格付け付与の考え方とプロセスまでを体系的に解説いたします。また、実際のデータを用いて実践的なExcelの演習を随所に取り入れます。直感的なイメージに主眼をおき、信用格付けの本質を理解できるように解説いたします。

 企業評価とりわけ中小企業に対する金融機関の融資判断評価に関心のある方のお役に立てるようにわかりやすく解説いたします。

・講演項目

(朝の部−3時間)
1. 財務3表(P/L・B/S・キャッシュフロー)の見方
2. 経営指標(ROA・ROE・ROIC)の解釈とその分解
3. 企業の収益性、効率性、安全性の分析
4. キャッシュフローと企業経営活動
5. 信用分析で利用される財務指標
6. 業種と財務指標の関係

(昼の部−3時間)
1. 株式と債権(融資・社債)の評価の相違点
2. 格付けとは
3. 金融機関の内部格付け手法(中小企業の融資評価)
-  中小企業評価の留意点
-  内部格付けの特徴
-  内部格付けモデル(デフォルト率推計モデル)の概要
-  内部格付けの付与の方法(推計デフォルト確率と行内格付とのマッピング、外部格付けのマッピング、定性要因の考慮、実態財務諸表を使った信用リスク評価)
-  不動産賃貸業への内部格付け付与の方法
-  信用格付けを使った融資の金利決定の仕組み
-  内部格付けのパフォーマンス
-  案件格付け(回収率の異なる案件ごとの融資評価)

・講師紹介

小林武氏(名古屋商科大学ビジネススクール 教授) 

慶應義塾大学商学部卒。フランスグランゼコールHEC経営大学院 国際金融専攻修士課程修了。筑波大学大学院ビジネス科学研究科にて博士(経営学)号取得。
20年以上にわたり、東京銀行、格付投資情報センター、バークレイズ・グローバル・インベスターズ、三菱UFJモルガンスタンレー証券、NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング(新日鉄住金ソリューションズ子会社)にて企業評価、資産運用、リサーチ業務等に従事。
2014年より名古屋商科大学ビジネススクールにて証券投資論、コーポレートファイナンス、金融論、金融政策、マクロ経済学等の講義を担当。研究分野はファイナンス。

・特記事項

 MS-Excelのインストールされた充電された携帯パソコン・端末をお持ちになると、ご受講がより有意義になります。主催者からの機器及び電源の貸出は致しません。


第二編「小規模でも高額融資に対応できる法人の作り方と、信用格付の上がる決算書の書き方」(講師:石渡浩)

・テーマ

 役員1,2人で経営している不動産賃貸業の小規模法人を金融機関に事業者と認めさせて融資を引き出す方法と、信用格付けが上がり、また、融資審査に通り易い、貸借対照表・損益計算書の作り方と個別注記表の書き方を、金融機関種別ごとに解説  

・趣旨

 サラリーマンやサラリーマンが経営する「実質個人の資産管理会社」向けの収益不動産購入資金融資が厳しくなっています。そうした中で、不動産事業者への融資は引き続き行われています。

 そのため、融資を受ける事業を急拡大させるためには、金融機関に事業者と認められて事業資金の借入を受けられるようになる必要があります。また、融資審査では事業者が決算書をどのように作るかが非常に重要になります。これは格付を上げるためにもそうですし、最終的な案件審査においても当てはまります。

 本セミナーでは、役員1,2人で経営している不動産賃貸業の小規模法人を金融機関に事業者と認めさせて融資を引き出す方法と、信用格付けが上がり、また、融資審査に通り易い、貸借対照表・損益計算書の作り方と個別注記表の書き方を、金融機関種別ごとに解説することを通し、不動産賃貸業の皆様がいつでもどこでも融資を受けられるようにする準備のための知識を提供することを目的とします。

・講義項目

1.「実質個人の資産管理会社」から普通の小規模法人へ
2.融資審査に通り易い損益計算書の組み方
 (1)対信用金庫
 (2)対地方銀行
 (3)対メガバンク
3.融資審査に通り易い貸借対照表の組み方
 (1)対信用金庫
 (2)対地方銀行
 (3)対メガバンク
4.融資審査に通り易い個別注記表の書き方
 (1)対信用金庫
 (2)対地方銀行
 (3)対メガバンク

20時 閉会

なお、開催時間の中には休憩、質疑応答やアンケート記入、事務連絡等の時間を含み、講義時間はうち約7時間となります。


※特別席の用意もございます※

特別席の内容は次の通りです。

「特別席」の内容

1.前列に1机1席のゆとりある座席を用意します。
2.セミナー終了直後に開催する講師2名と特別席のお客様限定の懇親会に無料でご参加頂けます。
3.8月11日(日)、12日(月・祝)、13日(火)、14日(水)、15日(木)に藤沢で開催する石渡コーディネートによる事前勉強会にそれぞれ無料でご参加頂けます(ご出席は1回だけでも6回全てでもOK)。
4.後日藤沢で開催する不動産経営者向け勉強会に5回無料でご参加頂けます(日程はお客様のご都合に合わせて調整の上決定致します)。
5.収録動画を後日ウェブ上でご視聴頂けるとともに、その後、編集済DVDが届きます。ですから、セミナー当日会場にいらっしゃらなくても通信によるご受講が可能となります。
6.2019年10月末まで、お客様からの一般的なご質問・ご相談に講師石渡が面談及び電話で、また、講師小林がEメールで無料で対応します。

特別席のお申込みはこちらからどうぞ。

お問い合わせ先:
seminar@fudosan-toshi.org

0466-65-1092(土日も営業)
定価 43,200円(税3,200円)
販売価格
21,600円(税1,600円)
購入数